ジオラマに傾倒中です

a0027198_21293511.jpg

最近、単体のフィギュアを作るよりも数体のフィギュアを作ることが多くなってしまい、正直大変である。前回UPした記事にあるとおり、イタレリのガリア戦士は8体塗らなければならない。
実はこのガリア戦士より前に作りかけで放置していたのが上のガンダムの連邦軍、対モビルスーツ戦術分隊。時には架空の世界を馬鹿まじめに作るのも面白いと思ったのだった。実はこれは今年の5月の静岡に間に合わせようと思って作っていたのだが、やはり大人の事情のようなものがあり、そうは簡単に事が運ばなかったわけである。ここのところ少しまた進めていたのだが、また色々あって、制作が止まりそうな事情が出てきました。でも気長にやってみます。
 今年の静岡では合同展でこのバンダイのシリーズを作っている人はほとんどいなかったような気がする。
 こんな感じで今の僕は所謂ヒストリカルフィギュアというより、ジオラマやビネットに傾倒しつつあります。これはある意味自然な流れだと思う。やはり人間の模型を作っていると人間だけじゃなく、メカニックなものや周りの状況などが醸しだす臨場感のようなものを追求したくなってくるわけです。
 このAnti MS Squadの舞台設定としては素直?にチベットにしようと決めました.自分でもバカだと思うけど、このジオラマを作るのにレンタルビデオ屋に行って08MS小隊のビデオを借りてくるなどしてしまいました。でもこの部隊ってサンライズがこういう設定デザインをしたんだろうけど、NAM時代の米兵みたいであんまり面白くないなあ。08MS小隊では連邦軍の兵士はフリッツヘルメットに近いようなものだったけど、あえて違うデザインにしたのだろうか?
 原型は鬼丸さんなんだろうけど、とても動きを良く捉えてますよね。すごい。さてチベットの風景をどう持ってこようかな。余力があればOVにも出て来たレジスタンスの女の子をスクラッチでゲスト出演させたいと思っています。
a0027198_21541971.jpg
[PR]

  by snakestone | 2008-08-16 21:58 | フィギュア製作レポート | Comments(0)

<< PG!初登場 World Expo いいですね >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE