Mパークに作品を搬入

a0027198_212212.jpg 今日はミニチュアパークに作品を5点ほど置いてきました。
というのは、広島市で行われる広島アニメーションビエンナーレというイベントの中で食玩やミニチュアの展覧会が行われるということで、先方からアニーなどを希望されまして出すことになりました。私自身は特に出したいわけでもなかったのですが、具体的に作品名を指定され、HPも見ていただいたとあっては、こちらとしても真摯に対応せねばと思った次第です.それに、アニメーションビエンナーレというのは、前から知っていて手塚治虫も出品していた素晴らしいイベントです。私の大好きなウォレスとグルミットのアードマンスタジオもこのコンペに参加していました。
 う〜む。どうしてそんなアニメのイベントに食玩などの展覧会をやるのか、今一つ理解できませんが、アニメが好きな人は面白い事大好き人間が多いので、多分受けはいいと期待しています。
 末広町のミニチュアパークを後にして秋葉原のキャラクターショップ関係を眺めながら帰りました。その時思ったのは食玩って本当に良く出来てるなと関心しました。こんどのイベントで自分達の手間暇かけて作った作品が、食玩と並べられた時、どのように見られるのか、本当に興味があります。ある意味惨敗を覚悟する感もあります。
それは確かに私共の作ったものは細かくできてるし、細部まで丁寧に塗ってあります。
でもヒストリカルフィギュアとか知らない人はそんな風に見ないと思います。
ぱっと見た時の印象で食玩と対して変わらないのではないでしょうか。
かたや何千円もして、作るものと、300円程度でそこそこ完成しているもの。
普通の人の感覚なら、高いものより安くて完成していて、いっぱいコレクションできるほうがいいと思うかもしれません。そんな思いで今日は帰ってきました。
 今日ミニチュアパークに行ったついでに、Elisenaからの新製品のSS将校があったので思わず買ってしまいました。あいかわらずアドリアーノラルッシアの親父さんは素晴らしい仕事しています。なんだか、ヴァイキングは放り出して、こっちを先に作りたくなってしまいました。
 こんなことやってると、また、完成しなくなるんですよね。
[PR]

  by snakestone | 2004-07-19 21:23 | 私事 | Comments(0)

<< TOFUOYAKO ヴァイキングやっとここまで >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE