CANCAN

a0027198_2215463.jpg
私が今ラットレのバイキングを作っていると思っているとしたら、間違いです。今ドラゴンのプラスチックキットを作っています。しかし、それにしても私ってほんとに天才じゃないでしょうか。只の空き缶がゴージャスなベースになってしまうんですから。こういうゴミから宝石を作り出すことを錬金術っていうんだなぁ~・・・なんて悪乗りが過ぎたかしら。実は空き缶を使うアイデアは、金子辰也さんから拝借したんですよ。金子さんが昔ガンダムのベースに空き缶を使っていたので、フィギュアにも使えそうだと思ったんです。金子さんは本当にリサイクルの天才ですね。でも表面処理は完全に私のオリジナルだから許してくださいませ。今後CANCANビネットシリーズと称して、ドラゴンのフィギュアキットなどを連作するつもりです。
 しかし、改めてドラゴンには怒っちゃうよね。装備品がまともにつかねーじゃないか!結局写真みたいに掘りこんだり、パテで作ったりすることになってしまうのだった。足首のゲートルにしてもしまりがないので全部削りおとしてパテでモールドを作りなおすことになるし、これじゃ、一昔前のヒストレックスと同じ苦労ではないか。でもメタルとちがってプラモデルは、手を入れようと思うとドンドン深みに入っちゃうところが楽しいところでもあるのかもしれませんけど。手がついてないんだけど、武器を本当に持っているみたいにするには、キットのままじゃ駄目だし、肩の輪郭もおかしいので、結局全部自作みたいになっちゃうのかなとか、どこまで踏み込むかということで、悩んじゃってます。
 今日からブログの模様替えしてみました。あくまで、借りものでオリジナリティはないけど、今までみたいな暗めのものより、いいでしょ。
[PR]

  by snakestone | 2005-08-15 22:38 | フィギュア製作レポート | Comments(0)

<< やっぱりヴァイク 新兵器:GENESIS System >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE