やはり油彩はいいなぁ〜(連載で出来なかった事)

a0027198_23562214.jpg

これは一年以上前からお蔵入りになっていたラルッシアのローマ兵です。
顔を久しぶりに油彩で塗ってみました。やはりこの深みと神秘性はアクリルでは出せませんね。
PGの連載でやりたかった事がありました。当初連載ではできるだけ自分のペイントの考え方とか塗り方というのは抑えてセーブしていたのですが、ゆくゆくは僕の連載を見れば一通りのフィギュアのペイントを体系的にマスターできるようなものにしたかったのです。リニューアルしたら次のような計画を持っていました。
第1回:フィギュアの見方
    明暗をどうとらえるか?(球に還元して考えてみる)
    色々なトーンの考え方
第2回:モノトーンとダブルトーン(2色)で塗ってみる
    グレイのモノトーンで考えてみてそれを寒・暖2色で置き換えて塗る考え方とその方法。
    ・太極から陰陽2極が生まれる(うっ!なんてかっこいい事言っちゃったんだろ)
第3回:2色から4色へそしてフルカラーへ
     基本的な2色の考え方から色を増やしていくやり方。
以上で基本的な捉え方は終わり。
第4回:実践編エナメル編
     エナメル塗料の特性を生かした塗り方。
第5回:実践編油彩編
     油彩の使い方とブレンディングなど
第6回:実践編アクリル編
     ファレホとタミヤアクリル等の違いの生かし方など
第7回:トータルソリューション
     アクリル、エナメル、油彩を適材適所で使い分ける総合的、併用的ペイント
第8回:様々な表現方法
     フィギュアにはローキー、ハイキー、ハイコントラストなど様々な表現が可能である事を紹介。
     その点、他のモデリングとは一線を画す。

と・・・一応こんな事を計画していました。
しかし、実現できなくて実は良かったと思っています。というのは静岡などの色々なイベントで色々な人と会って話をしているうちに、多くの人はそんな事は求めていないし、楽しくやれればそれでいいのだと思うようになったからです。 
 僕は今後技法や方法論はよほど質問されない限り公開しないスタンスで行きたいと思っています。
自分の技法は自分だけのもの。心の中に封印することにしました。
でも作品は公開したいと思うし、もし気に入ってくれる人がいるなら、そこから盗んでくれればいいと思っています。作品は言葉より雄弁ですよね。

       
[PR]

  by Snakestone | 2010-09-29 00:34 | フィギュア製作レポート

<< 盾の絵を描いてます〜ローマ兵〜 ひとつできました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE