<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

やはり油彩はいいなぁ〜(連載で出来なかった事)

a0027198_23562214.jpg

これは一年以上前からお蔵入りになっていたラルッシアのローマ兵です。
顔を久しぶりに油彩で塗ってみました。やはりこの深みと神秘性はアクリルでは出せませんね。
PGの連載でやりたかった事がありました。当初連載ではできるだけ自分のペイントの考え方とか塗り方というのは抑えてセーブしていたのですが、ゆくゆくは僕の連載を見れば一通りのフィギュアのペイントを体系的にマスターできるようなものにしたかったのです。リニューアルしたら次のような計画を持っていました。
第1回:フィギュアの見方
    明暗をどうとらえるか?(球に還元して考えてみる)
    色々なトーンの考え方
第2回:モノトーンとダブルトーン(2色)で塗ってみる
    グレイのモノトーンで考えてみてそれを寒・暖2色で置き換えて塗る考え方とその方法。
    ・太極から陰陽2極が生まれる(うっ!なんてかっこいい事言っちゃったんだろ)
第3回:2色から4色へそしてフルカラーへ
     基本的な2色の考え方から色を増やしていくやり方。
以上で基本的な捉え方は終わり。
第4回:実践編エナメル編
     エナメル塗料の特性を生かした塗り方。
第5回:実践編油彩編
     油彩の使い方とブレンディングなど
第6回:実践編アクリル編
     ファレホとタミヤアクリル等の違いの生かし方など
第7回:トータルソリューション
     アクリル、エナメル、油彩を適材適所で使い分ける総合的、併用的ペイント
第8回:様々な表現方法
     フィギュアにはローキー、ハイキー、ハイコントラストなど様々な表現が可能である事を紹介。
     その点、他のモデリングとは一線を画す。

と・・・一応こんな事を計画していました。
しかし、実現できなくて実は良かったと思っています。というのは静岡などの色々なイベントで色々な人と会って話をしているうちに、多くの人はそんな事は求めていないし、楽しくやれればそれでいいのだと思うようになったからです。 
 僕は今後技法や方法論はよほど質問されない限り公開しないスタンスで行きたいと思っています。
自分の技法は自分だけのもの。心の中に封印することにしました。
でも作品は公開したいと思うし、もし気に入ってくれる人がいるなら、そこから盗んでくれればいいと思っています。作品は言葉より雄弁ですよね。

       
[PR]

  by Snakestone | 2010-09-29 00:34 | フィギュア製作レポート | Comments(9)

ひとつできました。

この2日間で一つできました。
といっても細かな仕上げとかは少し残っているけど。地面も寂しいから落ち葉でも撒こうかな。

これなんじゃい?
・・・と思う人が多いと思うけど、実は作った私もわかりません。
末広町のミニチュアパークで売っていたキットなんだけど、レジン製で結構良くモールドされていたので、興味を持ったのです。なんかメーカーオリジナルのキャラクターなのかなぁ。「Smog1888」というシリーズなんだけど、シャーロックホームズなんかが活躍した時代でもう一つの別な時空のロンドンが舞台設定みたいです。だからみんなレトロなからくりガラクタに身を包んでる。このキャラクターは「ネクロマンサー」らしいです。フランケンシュタイン博士みたいに墓場で素材?を探しているんでしょうね。防毒マスクは腐乱した死臭から身を守るためか?はたまた自分も化け物みたいな顔で隠す為なのか想像を膨らませちゃうところ。
  
 ところで、このシリーズも含めて最近凄いのはレジン製キットのクオリティの高さです。それもメジャーじゃないメーカーで素晴らしいものが少しづつ生まれています。最近思うのは1レジン、2インジェクション、3ホワイトメタルという感じですね。インジェクションも技術力が上がってきているので、手作りの高品質であるはずのメタルキャスティングの神話が崩れそうな気配です。ペガソの社長が危機感を持っていたというけど、案外本当かも。

う〜っ!だけど、なんて気持ち悪いの作っちゃたんだろ。・・・・・
a0027198_0584881.jpg

[PR]

  by Snakestone | 2010-09-22 01:00 | フィギュア製作レポート | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE