<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

イベントのお知らせ

 ここ最近寒さが一際厳しくなってまいりました。
さて、この度私も参加させてもらっているサークル「東京フィギュアソサエティ」があるアートイベントに参加することになりました。開催日時、開催場所は下記のとおりです。

『EYE PROJECT presents ART FESTA 2008』
開催期間:2008年2月1日(金)〜2月7日(木)
開催時間:10:00〜18:00(初日は15:00〜)
会場:「横浜人形の家」
     住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町18番地
     電話:045-671-9361
     サイト:http://www.welcome.city.yokohama.jp/doll/
入場料:無料
主催:EYE PROJECT
公式サイト:http://www.geocities.jp/eyepro_art/

東京フィギュアソサエティブログ;http://silver.ap.teacup.com/tokyofigsociety/

このイベントは年齢、プロ、アマ、ジャンル、技術レベルなどの制約を取り払った文化祭型合同展示会だそうです。参加アーティストのジャンルも絵画、ボタニカルアート、イラスト、手編みニット、工芸、ミニチュアと多岐にわたった11組が参加します。
 ご興味のある方はどうぞご観覧ください。
[PR]

  by snakestone | 2008-01-27 16:46 | フィギュア関連 | Comments(0)

疲れながらも作ってます

 なんか明日は雪になりそうだとか言うんで、憂鬱です。今日は近くの空き地にいつもいるはずの野良猫のミーちゃんがいなかった。孤独な僕の相手をしてくれるありがたい存在なんだけど、雪になりそうなんで野生の感とやらでどこか暖のとれる隠れ家に避難しちゃったのかな。先に雪になりそうで憂鬱だなんて言ったけど、実は嘘です。本当は雪だとうきうきしちゃいます。若いころアルバイトで冷凍食品の運搬とかで冷凍庫の中でマグロや冷凍みかん(今もうないらしいね)なんかを運んだりしたけど身体が逆に動いてしかたがなかった。気温がさがるとむしろ運動神経がよくなるみたいです。もしかすると犬なのかもしれません。日本人にみえるけど遠い祖先にはおそらくロシアとドイツの北欧ケルト(なんだかよくわからん)の血が流れているのかもしれません。何度か英語で日本人から声を掛けられたこともあるし(爆)。
a0027198_21255758.jpg
 さて最近ちょこちょこと惰性のごとく作っているのはオックスフォードの公爵です。100年戦争の有名なアジンコートの戦いに参戦した貴族らしいです。すごいですね。鎧に宝石なんかつけちゃって戦争をするんですから大昔の金持ちはスケールが違います。思えばフルプレートの西洋甲冑物を作るのははじめてかもしれません。やっぱり置物としては奇麗でいいですねぇ。キットはイタリアのソルジャーズというメーカーで、モールドなんかのできはCクラスかな。ラルッキアなんかのAクラスにくらべると落ちるけど、塗ってみたらそんなに悪くない感じがする。僕もこの趣味はじめてもう20年になるから恐れることなく、言っちゃうんだけどもう悪いキットなんてないと断言できますね。むしろ悪いキットほど作りがいがあると思う。
 このブログの以前の4月から5月あたり見てもらえばわかるだろうけど、実はこの作品は5月の静岡にむけて仮組してたものです。結局ペインティングまでできなくて最近までずるずると暇な時に続けてました。趣味とはいえ自分の計画の20%も実現できてないなぁ〜。鬱病にでもなって仕事を長期休暇してフィギュア制作に専念したい気分です。(爆)
[PR]

  by snakestone | 2008-01-20 21:50 | フィギュア製作レポート | Comments(0)

あけましておめでとうございます

 皆様あけましておめでとうございます。
昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いします。
当ブログはフィギュアの制作日誌がメインで、プラス自分の思ったこと、好きなものなどを記事としてアップする内容となっています。
 フィギュア制作という点からみれば昨年は5月以降はほとんど制作できない状態でした。本年はグループ展などが少なくとも2回予定していますのですこし頑張りたいと思っています。
 さてTVなど今年も面白いものがないですね。毎年くだらない番組ばかり。なんか最近正月になにか欠けているなと思っていたら、それは銭湯の朝風呂でした。私は東京の下町で育ったので子供の自分には元旦か、2日あたりに銭湯の朝風呂というのをよく行っていたものです。新年あけて銭湯の朝風呂に浸かるというのがなんとも新鮮で毎年生き返る気分が不思議としたものです。その朝風呂に行くと大体近所のなじみのじいさんなんか、来てたりなんかして、そこで新年の挨拶なんかしちゃったりするわけです。思えば銭湯というのは本当に日本のいい文化だと思います。思えば私は24歳まで銭湯通いだったな。家にお風呂があっても掃除は面倒くさいし、銭湯の方が広くて気持ちいいと思うけどな。だから少し金額が高くてもしょうがないからまた銭湯が復活すればいいなと思っているところです。
[PR]

  by snakestone | 2008-01-02 04:17 | 私事 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE