<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

TFS2006年度5月例会

 昨日は秋葉原〜末広町と散策し、18:00からはT(東京)F(フィギュア)S(ソサエティ)の月例会に参加した。
 あいにくの雨ですこぶる不愉快であった。駅前では相変わらずメイドちゃん達がビラを配ったりしていたが、秋葉原のはずれの末広町のちかくの裏道の方を歩いていたら、変わった店をみつけた。それは「メイド美容院」という店舗であった。これは「メイド喫茶」ではなく、女の子をメイドみたいに奇麗にしてくれる美容院なのである。つまりお客さんは女の子なわけ。へ〜っ!こんなものもあるのかと驚いてしまった。いろんな商売考える人間がいるものである。誤解のないように言っておくが、私はメイド喫茶などに興味はない。私にとってメイドとはフランス系でなければならないのである。大体そもそも日本人にはメイドなど似合わないのである。あんなアニメのイメージの延長線上にある日本独自のおたく文化にどっぷり浸かり、貧困な己のイメージを共有させる空間を若者に提供する商売をしている業者も業者である。またそんなものに「へへへへ〜」などと行ってしまう若者はワカモノでなく、バカモノである。
 もしも私がアドルフヒトラーのようになって、権力を握ってしまったら、日本から全ての風俗産業を撤廃させるだろう。大体今の現状をよく見てみるといい。住宅圏に平然と風俗店が分け入り、小学生の通学路にまでそのような店がはびこっている。私が人の親であったらこんな町には住みたいとは思わない。

 前置きが長くなったが今回のTFSの例会はさる21日に行われたスペインのヒストリカルフィギュアショー「レオンランパンテ」の報告会であった。今回のコンペに参加したカンブリア氏は日本人初の銀賞を獲得するという快挙をなし得た。ミニチュアパーク店長によるスペインのスポット的な写真を見せてもらったが、まだショーの全貌は今回の例会ではわからなかった。
  あとは例のごとくフィギュアには関係のないバカ話に突入するのであった。まあそれはそれでいいと思うのだが、最近主賓と思われる方があまり来ないので、本来の海外モデラーとの国際的チャットという性格からは随分逸脱しつつある本会である。
[PR]

  by snakestone | 2006-05-28 11:58 | フィギュア関連 | Comments(2)

朝までダレてれば

 昨日は帰宅してからダレてしまい、またソファの中で寝込んでしまったようで、楽しみにしていたテレビ朝日の「朝まで生TV」を見ることができなかった。昨日は「日本はアメリカの属国なのか」というまあ今となってはマンネリ気味のテーマではあったが、関心のあるテーマでもあった。
 実は先週行った静岡ホビーショーの最後の日、撤収後にMOCHI先生が静岡駅まで愛車のポルシェで送ってくださるというので、会場屋上の駐車場まで行く時に、エレベータに乗ったのだが、その時ホリエモン問題の時に「朝まで〜」にコメンテーターとして出席した経済ジャーナリストのスコット・ハーズ氏が一緒であった。私は氏のキャラクターが好きであった。最初は氏の経歴もしらず、MG誌に笑顔で出てたりしたので、只の外人モデラーなのかと思っていたが、ニュース番組にも時々出ていられたので、何をしている人なのかなと思っていた。経済ジャーナリストであり、ホビーポータルサイトの社長だと知ったのは、ごく最近のことである。
ハーズ氏には失礼かもしれないが、先述したように氏のキャラクターがかわいいなと思ってしまった私は、いつか氏のフィギュアを自作したいと思うようになっていた。しかし、最近氏からあの笑顔が消えているのが、1ファン(?)としては気になるところである。
 最近の「朝まで生TV」は政治的なテーマばかりで正直面白くない。初期のころには「これでいいのか日本のプロ野球」「原発」など色々なテーマがあった。そこで私は是非とも「これでいいのか日本の模型界」をやっていただきたいと思っている。あえてホビーとせず、模型界としたのには理由がある。ホビーとすればラジコンや広範囲になってしまうからである。それに自分として裏話でくだらん話を色々聞いているのがスケールモデル関係の企業と小売店、それとなにより雑誌媒体のメディアであるからである。つまり、一番お話になりそうなわけ(爆)。
 論客としてお呼びしたいのは、もちろんスコット・ハーズ氏、アーマーモデリングの土井氏、誰とは指定できないが、スケールモデル誌関係(アート、マスターなど)の編集の方、プロモデラーからは金子氏、山田氏、あとは思いつかないんですが、うるさそうな人(爆)。小売店およびメーカー関連としてはキヤホビー様代表、オリオンモデルズ、仲田氏、タミヤ模型からは田宮俊作様と言いたい・・・ところだが、多分他の広報、あるいは企画の方になるのだろう。あと静岡4社の方が出席していただけるとうれしいです(うれしいのはおまえだけだろ)。もしかすると、ヒストリカルモデル界から松岡さんが「なんで俺の名前がないんだっ?うが〜っ」などと殴り込みをかけるかもしれないんだけど、この際ヒストリカルの方は黙ってもらった方がお話になるような気がする。しかし、実現したとしても、それほど視聴率が稼げるとは思えないし、やっても実りがあるとは思えない。しかし同番組に実りがないのは他の時事問題にしても同じことだと思いますが。どうせ実りがなくて論客が好き勝手なこと言ってんだったら、面白いテーマの方がいいと思うんですが、いかがでしょうか?まぁ、こんな妄想して面白がってる内が華ですね。
[PR]

  by snakestone | 2006-05-27 07:51 | エッセイ | Comments(2)

静岡ホビーショー

a0027198_22225185.jpg

 今日は早朝から静岡で行われている静岡ホビーショーのモデラー合同展示会に「リトルウォリアーズ」の一員として参加させていただきました。

a0027198_22254793.jpg

例年のごとく会場は家族連れなどで超満員です。

 合同展示会ではフィギュア以外でも、これは!といったものがいくつもありました。以下はその一部です。

a0027198_2228319.jpg

車を2分割して額に納めたフラットフィギュアのディスプレイに近い独特の作品

a0027198_22303184.jpg

リトルウォリアーズのブースの隣では友人であるZippさんが「ちいさいバイク」のブースをやっていた。作品は久しぶりに見るZippさんのフィギュア作品。う〜ん。やはりさすがである。

a0027198_22331650.jpg

同じ「ちいさいバイク」のブースから。とてもかわいらしく、楽しい作品である。

a0027198_22341217.jpg

ユーロミリタリーでベストオブショーを獲得したダグラス・リーさんの素晴らしいディオラマ。
a0027198_2236021.jpg

同じ作品の拡大の図。色がとても美しく単体のヒストリカルフィギュアに匹敵するペイントである。

a0027198_2238137.jpg

私達の大先輩にあたるシニアクラスのサークルによる木製帆船模型。凄い。まさに模型の王道である。

a0027198_22411152.jpg

金子辰也氏の食玩や鉄道模型のストラクチャーなどを色々使用して構築されたSmallWorld.
円熟の極みである。

a0027198_2243661.jpg

会場中庭には例年のごとく自衛隊の方々もいらっしゃってました。

a0027198_22445816.jpg

メーカーのブースではこんな方々も頑張っておられました。目の保養に。
[PR]

  by snakestone | 2006-05-21 22:48 | イベント関連 | Comments(4)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE