カテゴリ:未分類( 8 )

 

また来年だな

この時期お決まりのまた来年だなってやつです。最近バンダイのスターウォーズのプラモを使用したいいアイデアが浮かび、少し燃え上がっていたのだが、どう考えても静岡ホビーショーには間に合わんなと思い、来年にすることにした。しかし、バンダイのプラモを作ったのはファーストガンダム以来でかれこれ35年ぶりくらいかな。本当に部品がぴったり合ってセメントも必要なくて驚いた。でも何だかバンダイの工場でアルバイトしてるみたいで、本来のプラモの醍醐味と言うのかな、苦しんだ後の達成感みたいなものはないような気がする。でもこれが当たり前のところからスタートしている世代にとって見れば、自然なことなんだろうな。僕なんか子供の時、どうやってもまともに組めない出来の悪いプラモを泣きながら、まともに組もうとしてたもんな。まともに組めないということ自体がわからなかった。
うーっ!というわけでまた来年ですね。
a0027198_21391052.jpg


[PR]

  by snakestone | 2017-04-03 21:19 | Comments(0)

ローグワンを見ました

今日ローグワンを見て来ました。実のところ、見に行くつもりはありませんでした。ある偏見があったからです。デススターに関する話だったらモフターキンが出なきゃダメだ。ピーターカッシングは故人だから、せいぜい会話の中ぐらいで存在を匂わせたりするくらいのものなんだろう。と、思っていたからです。ところが、CGでモフターキンが、若き日のレイアも登場すると聞いて、これは見に行かねばとなった次第です。それでまたいい出方をするんですよね。モフターキンさんが。ハマーのお化け映画で育った僕には涙が禁じ得ませんでした。だけど声もカッシングそのもので、私の想像を超えていました。クリストファー・リーにも見てもらいたかった。とにかくエピソード4でスターウォーズを初めて見たオールドファンには堪らない作品でした。素晴らしかった。
本当に永遠の存在になったレイア に。フォースが供にあらんことを。
[PR]

  by snakestone | 2016-12-30 22:34 | Comments(0)

温泉マークは変えちゃいかん

すみません。突然ですみませんが、温泉マークを、海外の人にも分かりやすくするために、温泉マークを変えようとしているようだがこればかりは、私も我慢ならん。温泉というのは、人が入っていようが、猿が入っていようが、温泉なのである。いや、それどころか、人や猿とも関係なく、温泉は始めから温泉として存在しているのである。
[PR]

  by snakestone | 2016-12-11 10:42 | Comments(0)

来ちまったぜMB


a0027198_11540079.jpg

とうとう来るとこまで来ちまったぜ。マスターボックス。今までクレイジー気味なキットをリリースするとは思っていたが、ここまでやるとは思わなかった。パッケージには日本語まで使っているじゃないか。もう流石に、私のバカ心にも火がついた。ここのところライスワーク漬けになっていた私の灰色ならぬムラサキ色の脳細胞が動き出しました。

[PR]

  by snakestone | 2016-12-10 11:40 | Comments(0)

放置物続いてます。

放置プレイ継続中!・・・うっ・・・・・なんか、いかがわしい。
ずっとモデリングをしないでいた反動なのか、最近やたらとやる気が出て来てしまいました。
どこかの偉い人が言っていたような気がするのだけど、世の理とは左右に張られたバネのようなものだということ。左にぎゅっと縮まっていたバネはある日突然右へと伸びる。
ところで、モデリングの資料探しに、本日は西山洋書へ行きました。残念ながら銀座店は閉店してしまって、池袋店は御徒町に移転したそうなので、御徒町に探しに行きました。 ミニチュアパークさんとそれほど離れていないので、むしろ通いやすくなりましたね。西山洋書で買い物したあとは、ミニチュアパークさんに寄って少しお話をして、けっこう迷ったあげくフィギュアを一個買いました。・・・なんか、また「買うたやめた」病が再発したみたいで、今、帰ってきてから遠慮した商品が欲しくなってきてしまいました。この結末は今月の月末のTFSの定例会の折に、御徒町に行った時に結果が出るでしょう。
 ミニチュアパークさんを後にし、帰ろうと思い秋葉原駅に向かいました。駅前にはイエローサブマリンがあるので、寄りましたら、ショーウィンドウにZIPPさん達の展示が開催されていました。他にも知った人達ばかりの車とフィギュアを中心にしたビネットの作品群でとても楽しかったです。ZIPPさんはヒストリカルフィギュアをやっていた時からパステル調の明るい作品で魅力的だったけど、現代にマッチしたカーイラスト的な世界はむしろベストマッチという感じです。とてもポップだなという感じ。
 さて家に帰って、放置していた物の始末?をしているのですが、25mmのリーパーミニチュアのカタリナとギャリティ。魔法使い?あるいは、錬金術師?のカタリナの足下にスリスリしているのが猫のギャリティ。
 死ぬほど昔に荻窪のキヤホビーで捨てるように売られていたのを私が引き取ったもの。・・・なんか最近こんなバーゲンものばかり作っている気がする。早く新しいものを手がけたいのだけど、放置したものをそのままにするのはどうも、気兼ねしてしまう私です。
a0027198_4585676.jpg
[PR]

  by snakestone | 2015-10-17 19:00 | Comments(0)

最近朝はほとんどシリアル

a0027198_983956.jpg

最近ヨーグルティアという機械を買った。これは市販されているヨーグルトを種菌として、牛乳で増量生産できる家電である。そんなわけでもっぱら朝食はシリアルにヨーグルトをかけて食べている。シリアルはケロッグのグラノラとか、色々。こうなってくると、色々試したくなるのが人間というものである。先日はドイツのサイテンバッハというメーカーのレッドテンプテーションというのを見付けたが、これはドライラズベリーがまるごと入っていてとてもいい。日本製では、日清から出ている大豆のグラノラが気に入った。体に良いかどうかはまだわからないが、以前に比べると下痢はしなくなった感じがする。できることなら長寿で物作りを続けていきたいものである。
[PR]

  by Snakestone | 2014-07-21 09:09 | Comments(0)

日独の架け橋?:ジャンクフード開発?

浜松ジオラマファクトリーでの展示に参加して、山卓先生の作品で知ったドイツの屋台フード?カリーブロスト。今晩の夜食はそのカリーブロストにインスパイアされて「カリーブロストアウトバーン」を作ってみた。実はそば飯とカリーブロストの組み合わせである。
a0027198_21513264.jpg

食材はキャベツ、ニンジンのみじん切りとソーセージ。
a0027198_21525011.jpg

それと忘れて残されたインスタントラーメン。わざわざ買う事は無い。インスタントラーメンは木槌でシンクの横で袋を開けずに叩いて砕く。
a0027198_21571966.jpg

まずソーセージは油を引かずにフライパンの上に置き転がさず、いじらず、軽く焦げがついて油が滲み出るまで弱火で置く。適当なところでフライパンから皿に取り出しておく。
a0027198_2213838.jpg

軽くキャベツとニンジンを炒める。
a0027198_2224614.jpg

水を少し入れ沸騰させる。
a0027198_2245769.jpg

そこに砕いたインスタントラーメンを半分ほど入れる。
a0027198_2271447.jpg

固形ブイヨンを入れ溶かしながら少し煮込む。
a0027198_2211489.jpg

ソーセージも入れて水が無くなるまで煮込み、ブイヨンが食材に取り込まれるようにする。調味料としてナツメッグ、黒コショウを少々入れ、ご飯も入れて、ケチャップ、カレーパウダーを入れて絡めながら炒めて出来上がり。
a0027198_22152610.jpg


試食してみたんだけど、まずくはないっていう感じで旨いとは思わないなぁ。(爆)。
結局カレーソーセージは単品でビールのお摘みとして軽く楽しむのが良いっていう結論です(爆)。ま、お薦めはしません(爆)。
[PR]

  by Snakestone | 2014-04-27 21:43 | Comments(2)

あ、カーゴで・・・

今朝のニュースでアルジェリアのテロの犠牲者が政府専用機で羽田に到着した実況を見た。専用機とは言っても、やはり御遺体はカーゴで搬送されていた。
僕は若い頃、あの大韓航空機撃墜事件があった時、丁度羽田空港で荷物係をしていた。犠牲者を遺族にお渡しするのに、お手伝いさせていただいたが、あの時の光景がよみがえって来てしまった。当時は僕も若かったから、仲間とカーゴで運ぶというのはどうにかならないものなのかなぁなんて、話していた。航空規定のようなもので決まっている事なんだろうと思うけれども。
 無慈悲なテロの犠牲になった方々のご冥福を慎んでお祈りします。

 僕はデビッド・リンチという映画監督の作品が好きなんですが、その作品からインスパイアされた詩を贈ります。

 こんなに美しい世界なのに、どうして愛が死んでしまうの?
 こんなに美しい世界なのに、どうしてこんな悪が存在しているの?
 こんなに美しい自然なのにどうして命を奪うような怖い顔ももっているの?
 こんなに美しい花なのに、どうして地面の下では根をしのぎ合って、闘っているの?
 そんなに美しい君なのに、どうしてそんな黒い闇で心が覆われてるの?
 そんな黒で覆われた君が、今日は涙を落としていたね。
 そんな君の一粒の涙を信じたい。僕も共に涙を流そう。自分の心の黒い小屋に向かって・・・
 こんなに美しくて、醜悪な世界のために・・・
[PR]

  by Snakestone | 2013-01-25 07:17 | Comments(2)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE