2005年 08月 26日 ( 1 )

 

Sheriff製作レポート1

 バイキングは一応完成しました。左カラムのリンクにある「Figuart Modelling」に新作追加ということで更新してありますので、気が向いたら見てみてくださいね。
a0027198_2325933.jpg
さて、次は何を作るか思い当たらなくて、某掲示板では冗談半分に人にまで聞いたけど、なんだかんだ、言って結局左のキットにしました。ペガソのSheriff。なんでかというと、組み立てが簡単そうだったから。パッケージの写真だと、このおっさんは皮パンっぽいパンツをはいてるみたいだけど、ペインティングマニュアルを見ると濃紺のキャンバスとなっている。まあ、ジーンズみたいなものなんでしょうな。だから、僕はパッケージに引っ張られることなく、ジーンズを塗ることにしました。最近実を言うと、巷を歩く女性のローライズジーンズが好きになりつつある。(なんで、こっちに話がいっちゃうんだろ)本当に最近の女性はかっこ良くなったと思う。ローライズって不思議とヒップの動きがかわいらしく感じるのだけど、なんでなんだろう。あれは案外チラリズムというより、線を下に持ってくることでヒップのふりを強調させることに目的があるのかなと思うようになった。しかし、この前電車の中で座っていたら、目の前に立った女性がいたのだが、見たくもないのに、目のまえに下腹部の肌をちらちらさせるのはやめてもらいたいものだ。しかも、人によってはパンティのレースまで見えていた。僕だけじゃなく、僕の隣にすわっていた同じく若い女性も困った態度をとっていた。ファッションをきめるのはいいんだけど、もう少し、周りの人に対する配慮と状況によって、自分のファッションが乱れている自覚をもってもらいたいものである。(ローライズはつり革などにつかまったり、体型を変えたりすると乱れが起こりやすいファッションなので、なおさら本人は気をつけてもらいたいという意味である)
それとコンビニでしゃがんでるギャルがいるけど、これがまたローライズでお尻の上がモロ見えになってる人がいるんだけど、これも困ったものである。上から垂直に中指を入れたくなるではないか(爆)しかし、この格好は本来みっともないものだという自覚があるのだろうか。私の会社で宴会でへべれけに酔うとズボンをおろして半ケツになるオヤジがいるが、それと大差ないのだということを知ってもらいたい。つまり私が言いたいことはこういうことだ。
 ローライズは悪いとは思わない。むしろ私は好感を持っている。しかし、ローライズをきめるのだったら、しゃがんでもいけないし、電車でつり革につかまるのも駄目である。また人に背中をむけて座る状況のある、カウンターに座るのも駄目である.いい女はぜったいそんな事はしないのである。
 ・・・しかし、フィギュアからこんな考えにいたる私も大バカものである。
[PR]

  by snakestone | 2005-08-26 23:29 | フィギュア製作レポート | Comments(1)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE