はまったら終わりの世界*複葉機*

a0027198_23412310.jpg

かなり前から色々な所で色々な方へ洩らしていたことなんだけど、第一次大戦あたりのカラフルな個性的な複葉機に惹かれていた。自分の場合最初に実物を知ってから模型を触るというのでなく、まず模型キットが販売されているから作りたくなる・・・というタイプなので、エデュアルドなどの魅力的なキットを見てからそう思うようになったようだ。しかし、いかんせん門外漢なもので、どこからどう手始めていったらいいかわからない状態で、実際には行動にはでていなかった。そんな思いでいるところに、1年くらい前、一次大戦時に実在した「ラファイエット戦闘隊」の実話を基に戦争アクション大作として公開された映画「FLYBOYS」を見てしまい、ますますその魅力に取り憑かれていたのだった。そしてこの前偶然エデュアルドからこの映画を基にした限定版キットが店頭にあることを発見してしまった。(すみません。飛行機モデラーからしてみればもっと前から発売されていたのだろうが、自分は飛行機コーナーに足を運ぶのがめったにないので今頃になって知ったのだった。)敵方の悪いドイツパイロットが搭乗する黒いフォッカーである。
 そして私は思った。そうだ、この辺りのミーハーな路線から入門してそこそこできればいいんじゃないかなと。それにフォッカーの機種はあまり張り線の加工とかしなくていいみたいだし。
というわけで、最近の私は急速に複葉機モデル入門者になりつつある。
 しかし、この複葉機はいわば模型の中では帆船模型と同様にはまってしまったらも〜う終わり!というくらい禁断の世界だと思っている。はっきりいえば、遊びでやるならやらない方がよい・・・という世界なので、深みにはまらないうちに挫折してフィギュアの方に戻った方がよいのだろう。
 そんなこと思っている昨日今日だが、また悪い情報ではローデンからラファイエット戦闘隊のスパッドが1/32で出てしまった。う〜む困った困った。このスケールではフィギュアも作ってジオラマにしたいなどという欲求まで沸き上がる始末。
 ところで、前から思っているけど、マスターモデラーズで複葉機やっている州平先生はイラストレーターだけあってフィギュアがうまい。ヒストリカルフィギュアもやればいいのにね。
[PR]

  by snakestone | 2009-09-29 00:12 | 模型・ホビー関連

<< PANZER GRAPH! 1... 恩師のギャラリーとTFS >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE