軍備増強!

 昨日30日の土曜日は東京フィギュアソサエティの月例会でした。SHSで購入を決定したヒートペンの開発者GOMEさんも参加したのでいろいろ、教えてもらいました。以前ヒートペンは実演も拝見しているのですが、当時はメタルかレジンがメインでしたので、あまり関係ないと思っていたのです。
しかし、PG!でインジェクションの連載を受け持つようになってからは、いささか注目度は変わったというわけです。今後フィギュアの修正などに威力を発揮してくれると期待しています。
 
 また、今日は今日で、武器の調達に行ってきました。何度か話に出してる中国の唐筆です。自分の住居から1時間ほどのところ、八王子からバスに乗りユーミンの実家である呉服屋の前を通り過ぎ、さらに北へと20分近く行った住居しかない静かな町。こんなところにおばさんが経営している書道用品店があるのです。それでも経営がなりたっているのはおそらく口コミで書画を愛好するプロ、アマがわざわざ来るのでしょう。バス亭の通りからさらに奥の小道に入っていき、50平米くらいのプレハブがあります。お店には全然見えません。
 中には筆がズラーとならんでおり、半紙や和紙や額装がどっしりと在庫されています。半紙など紙質違いで棚に50種以上はあるんじゃないかという感じ。書画用品だけでなく、若干ですが、油彩やアクリル関係もあります。篆刻用の中国産の印材も腐るほどあり、私は以前ずいぶんとフィギュアのベースに代用させてもらいました。
 で、今回調達したのが下の筆。
a0027198_17345114.jpg

これだけ購入してなんとたったの620円!。まてよ・・・商品に貼ってあるシールには100円、120円とか記されているけど、計算があわない。価格とおりなら14本で1730円の買い物のはずだが、どういう計算なんだろ。60%以上割り引きなのか?あとでもうちょっと買ってきても良かったと思いました。
う〜むっ・・・ウィンザー&ニュートンのシリーズ7一本の値段で30本くらい買えちゃう計算じゃないか!

a0027198_17422393.jpg

サイズは大中小と3種あります。狼圭・・・というのはオオカミの毛なのでしょうかねぇ?案外中国語で狼という意味はいろいろ意味が広いかも。どう考えてもコリンスキーじゃないでしょう。上海工芸というメーカーで、探せば他のお店でも見つけられると思います。

a0027198_17461223.jpg

20年前から愛用していますが、。このように穂先の揃いも鋭く、品質はいい方です。耐久性としては、ちょっと弱いかなという感じですね。このあたり価格相応というところでしょうか。

中国というと、食材は信用できないし、エアー式の椅子が暴発して死んだ中国人のニュースとかあったけど、こうなると意識せざるテロ以外の何物でもないんじゃないかと思います。会社でパソコンの前で仕事してたら、椅子が爆発して、お尻に椅子の部品を突けたてながらのたうちまわるところを、20才近く年齢の離れたかわいい女子社員に見られてしまうなんていうのは、自分にとっては最悪の死に方ですね。(爆)。
でも筆は伝統工芸だからそんな事ないですよ。今のところは・・・・。そのうち犬の毛になったりすることもあるかもしれませんが・・・・・。
[PR]

  by snakestone | 2009-05-31 18:07 | フィギュア関連

<< タミヤプラモデルファクトリーに... 静岡のまとめ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE