サイトの紹介「女の子だってメタルフィギュア!」

さて横浜人形の家で行われたアートフェスタ2008も無事に終了しました。会場でお話していただいたオーロラモデルSOLO様の奥様のray様の素敵なブログの紹介をさせていただきます。左のカラムの下のリンクのお気に入りの中にも登録させていただきました。よろしくおねがいします。
 アートフェスタの模様もより詳細に紹介されています。私のガンマンもアップで紹介されており恐縮の至りです。
ブログのタイトル「女の子だってメタルフィギュア!」とあるように女性らしい大変明るいパステルカラーが素敵です。

 そういえばあったなと思い出して、家の中から探し出したのが下のメタルフィギュア。もう20年以上前に作ったものです。
a0027198_4155616.jpg
当時自分たちの間ではホワイトメタルでできてるものは全てメタルフィギュアと呼んでいたんだけど、現在ではメタルフィギュアと言えばこれらのロールプレイングゲームの駒のことを言うようです。知らない人の為に説明するとこれらは大体25mmぐらいの小さなもので、ロードオブザリングのようなファンタジーロールプレイングゲームの駒として使用するんですが、ミニチュアそのものとしても楽しめるくらいに良くできています。ヨーロッパのイタリアやスペインのヒストリカルフィギュアの達人は皆、これらをやっていたそうです。映画ロードオブザリングのピータージャクソン監督もそもそもこの趣味のマニアであり映画関係者のパーティをスッポラカして、ミニチュアファンの集いに出席していたくらいです。なんたって秋葉原のミニチュアパークにだってリムジンでやってくるんですから驚きです。ある意味それくらいのマニアだからこそ映画ロードオブザリング3部作は成功したのでしょう。


a0027198_4195514.jpg
これらの台座と一体になっているのはグレナディアというメーカーのものです。もう今はないのかもしれません。この頃はタミヤのアクリルカラーでほとんどペイントしていました。真ん中の女性?はスーパーヒーローセットという物の中に入っていたもので、金髪もゴールドそのもので塗るというほとんど冗談で塗ってました。今みるとなんだか恥ずかしいな。


a0027198_4254245.jpg
これらはグレナディアの後に日本に入ってきて、今ではファンタジーミニチュアのスタンダードになった感のあるシタデル社のものです。台座がプラスティック製のものになってます。このシタデルの特徴はディフォルメの効いたデザインにあります。右の大槌をもっているドワーフの小人は本当に小さくて当時の私のお気に入りでした。左のなんだか怖そうなごっついヤツはニックランドという人が原型を手がけたもので当時としても人気の原型職人だったようです。とにかくこれらのミニチュアは子供心をくすぐるようなデザインとアイデアには関心させられたものでした。
 硬派なヒストリカルフィギュアもいいですが、これらのかわいらしい物も面白いですね。

女の子だってメタルフィギュア
[PR]

  by snakestone | 2008-02-10 04:51 | フィギュア関連 | Comments(2)

Commented by ray at 2008-02-11 20:21 x
なんかご紹介下さってありがとうございます(^^ゞ こちらのサイト、HPの方にもリンク張らせて頂いたのでお知らせします。
http://aurora-model.jp/link.htm#histrical
ヒストリカル系のサイトをいろいろと見ていたのですが、みなさん素晴らしくお上手で、奥の深い世界なのですねぇ。

ところでニックランド氏は、深くは存じませんがその方の作風は私も好みです。今の塗り方ではちょっと塗りにくいというのはあるけれど、形が面白いというか昔ながらのファンタジィのニオイがするというか。今のミニチュアは、きっちり仕上げがされていて当たり前な風潮があるのですが、こういう勢いのある原型の良さも捨てがたいですよね(*^。^*)
Commented by Snakestone at 2008-02-11 21:30 x
ray様
リンクありがとうございます。
実を言うと最近の25mmファンタジーの世界は良くわからないのですが、ペインティング技法は革新的な斬新なスタイルを開発する方が多いようですね。これからも注目してみますので、また色々お教えください。

<< 只今製作中「おやじのけんか祭り」 アートフェスタ2008 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE