今年もSHSに行きました。ハセガワの専務の姿勢に感動

去る17.18日に静岡ホビーショーのモデラー合同展示会に参加してきました。
今回のホビーショーほど、テーマ性を感じた事はありませんでした。
話題としては一度は見てみたかった自衛隊の10式戦車が展示されたことですが、それはあくまで表面的なことで、内核的な手堅いテーマを感じたのです。
それはどういう事かというと、商品を供給する企業側と、商品を消費するモデラーとがお互いに感謝しあい、この業界と趣味を盛り上げて行こうという事です。
 とても印象的だったのは、最後にショーが終わる間際に長谷川模型の専務さんが一つ一つのブースに「本日はありがとうございました」と回っていらっしゃったことです。私はこの姿勢に本当に感動しました。
 また模型クラブ「ろうがんず」を立ち上げた俳優の石坂浩二さんが人生を豊かにしてくれたホビーにたいする恩返しということでコンテストを行う発表もしていました。そのコンテストの参加条件のひとつにこの業界の振興の為にも是非新しくキットを購入して参加してくださいというものでした。ろうがんずの会員の規約の中にも年に10個はキットを購入することというものがあります。わたしは老眼ではないので、(きんがんずだったら入れそうですが)ろうがんずに入ることはできませんが、その趣旨を自分のものにすることくらいはできます。
 実は自分は今年でもうモデラー合同展示会に参加する事を辞めるつもりでいました。その理由はここでは今回控えますが、長谷川模型の専務さんの姿勢にひどく感動してしまい、もうしばらくお付き合いさせていただこうと思いました。そして今後少なくとも僕は、ハセガワ、タミヤなどの国産プラモを使用した展示を必ず入れることにしました。
 ある意味世界情勢を考えるに、業界の方々にも危機感がかなりあるのではないのかという背景も感じています。そんな時に僕らにできることは何だろうということを考えれば、やはり石坂さんが言っておられるようにプラモデルを買うことしかないんです。 
 昔ぼくの友人が「もしかしたらそのうちプラモデルなんて無くなっちゃうかもしれないんですよ。俺が明日男の買い物ってやつを見せてやりますよ」といってガンプラを30個ほどまとめて買っていた男がいました。今となってはやつの方が正しかったかななんて思います。でも一度に30個も買うのはとても皆さんにはおすすめできませんけれど(爆)
[PR]

  by Snakestone | 2014-05-20 06:00 | イベント関連 | Comments(2)

Commented by 木蘭 at 2014-05-20 20:34 x
長谷川の専務さんは、いつも各ブースを一つ一つ回られて、無作法な我々にも笑顔で挨拶をされる姿は、商人の鑑といいますか、ビッとしてるなぁ・・・上に立つ者こうあらねばなぁ・・・と毎回、感じ入る次第です。

>実は自分は今年でもうモデラー合同展示会に参加する事を辞めるつもりでいました。

私も毎年、訳あって引き際を探している状況だったりします。
今度、お会いする時があれば、理由をお聞かせ願えれば・・・と思います。
Commented by すねいくすとん at 2014-05-21 12:47 x
お疲れ様でした。
終了間際に声をかけられたの初めてで、なんかいつもと違う感じでした。おっしゃるとおり素晴らしい方です。
今回で最後にしようと思った理由はもう忘れてしまいました。仏教の教えにもあるように過ぎたるは及ばざるが如しです。もう辞める気がないのですから、意味がありません。こうしている現在もすぐ過去になり、まだやってこない未来を心配しても仕方ありませんね。あるがままに。れりごー、れりごー

<< 静岡での私の新作 行ってみたいけど・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE