また来年だな

この時期お決まりのまた来年だなってやつです。最近バンダイのスターウォーズのプラモを使用したいいアイデアが浮かび、少し燃え上がっていたのだが、どう考えても静岡ホビーショーには間に合わんなと思い、来年にすることにした。しかし、バンダイのプラモを作ったのはファーストガンダム以来でかれこれ35年ぶりくらいかな。本当に部品がぴったり合ってセメントも必要なくて驚いた。でも何だかバンダイの工場でアルバイトしてるみたいで、本来のプラモの醍醐味と言うのかな、苦しんだ後の達成感みたいなものはないような気がする。でもこれが当たり前のところからスタートしている世代にとって見れば、自然なことなんだろうな。僕なんか子供の時、どうやってもまともに組めない出来の悪いプラモを泣きながら、まともに組もうとしてたもんな。まともに組めないということ自体がわからなかった。
うーっ!というわけでまた来年ですね。
a0027198_21391052.jpg


[PR]

  # by snakestone | 2017-04-03 21:19 | Comments(0)

ローグワンを見ました

今日ローグワンを見て来ました。実のところ、見に行くつもりはありませんでした。ある偏見があったからです。デススターに関する話だったらモフターキンが出なきゃダメだ。ピーターカッシングは故人だから、せいぜい会話の中ぐらいで存在を匂わせたりするくらいのものなんだろう。と、思っていたからです。ところが、CGでモフターキンが、若き日のレイアも登場すると聞いて、これは見に行かねばとなった次第です。それでまたいい出方をするんですよね。モフターキンさんが。ハマーのお化け映画で育った僕には涙が禁じ得ませんでした。だけど声もカッシングそのもので、私の想像を超えていました。クリストファー・リーにも見てもらいたかった。とにかくエピソード4でスターウォーズを初めて見たオールドファンには堪らない作品でした。素晴らしかった。
本当に永遠の存在になったレイア に。フォースが供にあらんことを。
[PR]

  # by snakestone | 2016-12-30 22:34 | Comments(0)

温泉マークは変えちゃいかん

すみません。突然ですみませんが、温泉マークを、海外の人にも分かりやすくするために、温泉マークを変えようとしているようだがこればかりは、私も我慢ならん。温泉というのは、人が入っていようが、猿が入っていようが、温泉なのである。いや、それどころか、人や猿とも関係なく、温泉は始めから温泉として存在しているのである。
[PR]

  # by snakestone | 2016-12-11 10:42 | Comments(0)

来ちまったぜMB


a0027198_11540079.jpg

とうとう来るとこまで来ちまったぜ。マスターボックス。今までクレイジー気味なキットをリリースするとは思っていたが、ここまでやるとは思わなかった。パッケージには日本語まで使っているじゃないか。もう流石に、私のバカ心にも火がついた。ここのところライスワーク漬けになっていた私の灰色ならぬムラサキ色の脳細胞が動き出しました。

[PR]

  # by snakestone | 2016-12-10 11:40 | Comments(0)

知らない間にアマゾニアン

まいった。私はAmazonprime会員なのだが、自分でも気をつけなくてはと思いながらも、まんまとAmazonの囲いものになってしまっている。今日も休日だったが、Amazonビデオにどっぷり浸かってしまった。なんせ007シリーズはスペクターまで見ほうだいだし、最近ますます充実してきたのである。ガンダムもTV放映版も見れるので、最近、まともに全話通して見ることが出来た。この年になってエマ・シーンという女性キャラにムラムラっ!
また、割とニヤニヤするほどはまっているのが高倉健の昭和残俠伝シリーズ。毎回やることは同じなんだけど、何故か面白くて見ちゃう。クライマックスの健さんの殴り込みに赴くシーンでは、今まで降ってもいなかった雪が降ってきちゃうんだよな。バックに健さんの歌が流れちゃったりして、ここまでくると、頭が半分狂ってニタニタ状態です。
だけど、劇場でも007スペクターは見たが、なんか今ひとつだった。
あ、書き忘れるところだったけど、子供の時に見て感動した空飛ぶ幽霊船もラインナップされていた。これは昔の東映アニメだが、宮崎駿が作画スタッフとして入っている。今見ても本当に素晴らしい作品です。
ああ、困った。モデリングせずにTVばっかり見てる私です。
[PR]

  # by snakestone | 2016-10-02 20:40 | 生活 | Comments(0)

LAURANA 30mmの新作

a0027198_03340476.jpg
途中で投げ出してあったフィギュアがまた一つできました。ラルパーサのLAURANA というものです。昔の製品ですがモールドは比較的良かったです。実はMacが古いのでブログの更新をスマホでやるようになってしまい、非常に面倒なことになってます。だからこの辺で止めておきます。それではまた。
[PR]

  # by snakestone | 2016-08-21 03:30 | フィギュア製作レポート | Comments(0)

wetpalette

a0027198_08555170.jpg
このブログも御無沙汰してしまっていたが、最近youtubeにアップされているミニチュアペイントのレクチャープログラムを良く閲覧している。それで知ったんだけどアクリル派の間でwetpaletteなるものが流行っているのを知った。それで自分も自作することにしたんだけれども、上がその材料。タッパウェア、スポンジ、キッチンペーパー、パラフィン紙(クッキングペーパー)。タッパウェアに上記材料を順に入れて水を浸して出来上がり。最上部のパラフィン紙に塗料を置く訳だが保湿されていて、乾燥しにくい。直感的に混色するには便利な感じである。
[PR]

  # by snakestone | 2016-08-17 08:54 | フィギュア関連 | Comments(2)

30mmファンタジーまたひとつできました。

最近マイブームの名付けて「投出し改善政策(製作)」。
部屋の片隅に忘れられていたかわいそうなキットの面倒をとにかく見てやる・・ということをしています。
今回できたのは、RAL PARTHAの「DOVE FALCONHAND」。やっぱりこれも昔荻窪の喜屋ホビーで投げ売りしているのを購入したものです。今は見る影も無いみたいだけど、バブル絶頂の頃は喜屋さんでもこれらの30mmメタルフィギュアが大量に置かれていて、それは絢爛豪華でした。あの頃のことを思い出すとなつかしいなぁ。
 まだ続きそうな感じです。「投出し改善政策(製作)」。
a0027198_44017.jpg

 
[PR]

  # by snakestone | 2015-10-29 04:05 | フィギュア製作レポート | Comments(3)

カタリナ&ギャリティできました。

a0027198_442067.jpgというわけで、以前から部屋の片隅に放置されていたカタリナとギャリティもこれで、なんとか落ち着きました。左の写真は自分のPC上では原寸に近く見える画像です。皆さんのモニターの設定、環境で同様に見えるかどうか、自信がありません。前の記事で25mmと書きましたが、30mmが正しいです。
a0027198_448580.jpgそしてズームアップしたのが下の画像です。気楽に塗るつもりが、割とガチで塗ってしまった。海外の女性ペインターなんかこのサイズの中に絵まで描き込む凄腕の人がいるので、まぁ、侮れない世界ですねぇ。
ちょっとスケスケなアダルトなテイストを盛り込んでみました。こんな小さな世界だからシャレでお許しくださいませ。
[PR]

  # by snakestone | 2015-10-19 23:40 | フィギュア製作レポート | Comments(2)

放置物続いてます。

放置プレイ継続中!・・・うっ・・・・・なんか、いかがわしい。
ずっとモデリングをしないでいた反動なのか、最近やたらとやる気が出て来てしまいました。
どこかの偉い人が言っていたような気がするのだけど、世の理とは左右に張られたバネのようなものだということ。左にぎゅっと縮まっていたバネはある日突然右へと伸びる。
ところで、モデリングの資料探しに、本日は西山洋書へ行きました。残念ながら銀座店は閉店してしまって、池袋店は御徒町に移転したそうなので、御徒町に探しに行きました。 ミニチュアパークさんとそれほど離れていないので、むしろ通いやすくなりましたね。西山洋書で買い物したあとは、ミニチュアパークさんに寄って少しお話をして、けっこう迷ったあげくフィギュアを一個買いました。・・・なんか、また「買うたやめた」病が再発したみたいで、今、帰ってきてから遠慮した商品が欲しくなってきてしまいました。この結末は今月の月末のTFSの定例会の折に、御徒町に行った時に結果が出るでしょう。
 ミニチュアパークさんを後にし、帰ろうと思い秋葉原駅に向かいました。駅前にはイエローサブマリンがあるので、寄りましたら、ショーウィンドウにZIPPさん達の展示が開催されていました。他にも知った人達ばかりの車とフィギュアを中心にしたビネットの作品群でとても楽しかったです。ZIPPさんはヒストリカルフィギュアをやっていた時からパステル調の明るい作品で魅力的だったけど、現代にマッチしたカーイラスト的な世界はむしろベストマッチという感じです。とてもポップだなという感じ。
 さて家に帰って、放置していた物の始末?をしているのですが、25mmのリーパーミニチュアのカタリナとギャリティ。魔法使い?あるいは、錬金術師?のカタリナの足下にスリスリしているのが猫のギャリティ。
 死ぬほど昔に荻窪のキヤホビーで捨てるように売られていたのを私が引き取ったもの。・・・なんか最近こんなバーゲンものばかり作っている気がする。早く新しいものを手がけたいのだけど、放置したものをそのままにするのはどうも、気兼ねしてしまう私です。
a0027198_4585676.jpg
[PR]

  # by snakestone | 2015-10-17 19:00 | Comments(0)

HP更新、新作UPのお知らせ

a0027198_2248126.gif

ご無沙汰しています。
2年近くモデリングから遠ざかっていました。9月のシルバーウイークあたりから、エンジンがかかり出し、放置していたものが2つできあがりました。
写真右側のものはイタリアの老舗Soldiersの古いキットで、秋葉原の某模型店で600円で購入したものです。今現在のキットの品質水準からすると、トラウマ的なユーロトラッシュフィギュアの香りがぷんぷんなのですが、モールドがあいまいなところが逆に僕にとっては、塗装で埋めていくようなところがあって、とても楽しかったです。
それではFiguart modellingにいらっしゃることをお待ちしております。

Figuart Modelling
[PR]

  # by snakestone | 2015-10-11 23:01 | フィギュア関連 | Comments(4)

白金台に来ています。

こんにちは。
今日は白金台に初めてきています。
a0027198_2493121.jpg

僕の心に響いたのはなんかマンションの並びがとてもきれいだなと言う感じ。第一印象だけど、とても心が落ち着く感じがする。こんなところで生活できたらいいだろうな。
a0027198_2524170.jpg

どうして白金台にきたかというと、東京都庭園美術館があるからです。今アールデコの展覧会が行われているので観に来ました。
a0027198_31872.jpg

ここが美術館ですが、もとは皇族の朝香宮の邸宅でした。この邸宅自体がアールデコ様式で建造されています。
a0027198_342471.jpg

残念ながら写真撮影できるのはここまで。入り口奥にはラリックによるガラス装飾が迎えてくれます。
メインの展覧会は絵画や、彫刻、もちろんラリックを中心をしたガラス工芸など多岐に渡りますが、皇族の旧邸宅の内覧も鑑賞できます。もう完全にアールデコの美術品の中に取り込まれている感じですね。
大正ロマンに浸りたい方は是非一度きてみてください。
改修工事の関係で庭園の公開は春以降ということです。私はこの場所がとても心が和むので、また来たいと思っています。
[PR]

  # by snakestone | 2015-01-18 12:30 | アート | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。

新年が明けました。
今年も私ひとりの孤独なキリコ・キュービーが一人でたき火にあたっているような正月です。
それに今年は、餅も食べず、日本酒も開けません。ほとんど正月ではありません。
モデリングはやっています。滝行をしているような孤独な作業です。
ここ6日ほど誰とも話していません。健康維持のためささやかなストレッチと、放松功(気功の基本的な行法で全身を気のシャワーで洗い流してリフレッシュする方法)を朝行っています。
こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]

  # by snakestone | 2015-01-03 16:07 | 私事 | Comments(0)

「FURY」ってもう公開してたんですね・・・

というわけで本日急に思い立ち、近所のシネコンに行きました。
正直言ってミリタリーモデラーが喜ぶような映画は絶対作られないだろうと思っていたんだけど、まさか実現しちゃう人がいるとは思わなかった。
大体そもそもこの映画を作った製作、監督をした人が「本物のティーガー1が動いているところを映画というコンテンツに記録として残すことこそが重要なんだ」なんてバカまじめな顔して言っちゃうんだから驚きである。だから僕の中で最高ののめり込度数としては、5人対SS300人とのクライマックスよりはその前のティーガーとの激闘場面で頂点を極め、あとは下り坂になるのは言うまでもない。
これから見る人もいるから、多くは書かないつもりです。
ただ今の僕に言えることは、
・この映画は僕にとって今現在最高の戦争映画であり、反戦映画でもある。
・この映画においてはCGによる処理がせめてもの救いである。微妙な違和感のせいで、悲惨さが薄まるから。
・戦争が何も残さないように、この映画も何も残さない。少なくとも僕にとっては。
・意外にも女性が一人で観にきていた・・・。たぶんブラピが出ていたせいかもしれないな・・・・。
・お話的には僕が数年前PCゲームで作ったシナリオみたいな話だった。僕の場合はドイツ側の視点から見た逆のものだったが。
・この映画は面白いかって?・・・ノーコメント。・・・。面白いというのはロードオブザリングやスターウォーズみたいな映画を言うのだろう。
・僕が見たシネコンはアウトレットショッピングモールの中にある施設だが、映画が終わり劇場から出てきた時、犬をつれた人や、若いカップル達の幸せそうな顔を見て、こんな人達が戦争を起こすのが歴史なのだと実感した。
・私は戦車の中に入ったことはない。・・・しかし、私は50年間装甲の中の人生のようなものである。

以上
[PR]

  # by Snakestone | 2014-11-30 22:59 | 映画 | Comments(0)

「華麗なるナポレオン軍の軍服」

a0027198_525404.jpg

近所の書店でこんな本が出ているのを発見しました。
「華麗なるナポレオン軍の軍服」 マール社刊
美術書関連のコーナーです。
開いてみたら、なんとあのリュシアン・ルースロー氏のイラスト本じゃないですか。ルースロー氏のルースロープレートと言ったら、ヒストレックスからこの世界に足を踏み入れた人で知らない人はいません。僕なんか、30年くらい前ヒストレックスエージェントで取り扱っていた時1セット(ただの1枚か2枚のペラの印刷)が2〜3000円くらいで売られていてとても手が出ない高価なものでした。それでも私の友人の中にはそれをファイルにして持っていた凄い人もいました。(名前は出しませんが、最近のスケビで作例を出している方です(笑))それが合本になって当時の1セットくらいの値段で入手できるなんて....。
でもサイズとか原本は多分倍以上あったから、原本の魅力にはほど遠いですけどね。
元の翻訳元はアンドレアプレスからでていたものらしいです。通常だとこの手の翻訳物って模型関係の出版社から出そうな感じだけど、まずヒストリカル関係は売れないからまず出さない。監修翻訳してくれたのは服飾関係の方のようで、なんともありがたいことです。これで僕らの趣味もある意味レンジが広いんだなと逆に確信できたわけで、模型関係を飛び越えていけそうな実感があります。
a0027198_5502979.jpg

a0027198_551541.jpg

ユサールの兵科ごとのカラーリングとセーバータッシュの違いなどもよく分かるので、ナポレオンものをはじめたいとか、迷っている方など初心者にも良い参考書となるでしょう。
[PR]

  # by snakestone | 2014-11-04 05:56 | 模型・ホビー関連 | Comments(2)

種村季弘の眼 迷宮の美術家たち

a0027198_1317552.jpg

 去る11日の話になるが、板橋区立美術館で開催されている「種村季弘の眼 迷宮の美術家たち」展に足を運んだ。
 僕は絵画を学んでいた20才前後の頃、ハンスベルメールやら、ビアズリー、カールコーラップなどの退廃的とも言える美術家を知るとともに、秘密結社などの異端的カルチャーに惹かれていた時期があった。その時に知ったのが、それらを紹介し、著作もある澁澤龍彦や種村季弘だったのである。この展覧会は種村が紹介した美術家や自身のコレクションなどを展示した企画展である。
 日本で関係ある人物を列挙すれば暗黒舞踏の土方巽、四谷シモン、土井典、金子國義などが上げられる。また海外では先述のハンスベルメールやコーラップなども展示されている。僕としては本当に堪らない展覧会の内容だった。学芸員の方が生で解説までしてくれたし、なにより、四谷シモンやトーナス・カボチャラダムスの新作(この展示のために)まで見れたのだからうれしい。土井典の人形も見れてうれしかった。ここのところ、フィギュアの作成など完全に停止しているのでとても良いエネルギーをいただいた。すこしは僕も再起動できそうである。
[PR]

  # by Snakestone | 2014-10-13 13:21 | アート | Comments(0)

最近朝はほとんどシリアル

a0027198_983956.jpg

最近ヨーグルティアという機械を買った。これは市販されているヨーグルトを種菌として、牛乳で増量生産できる家電である。そんなわけでもっぱら朝食はシリアルにヨーグルトをかけて食べている。シリアルはケロッグのグラノラとか、色々。こうなってくると、色々試したくなるのが人間というものである。先日はドイツのサイテンバッハというメーカーのレッドテンプテーションというのを見付けたが、これはドライラズベリーがまるごと入っていてとてもいい。日本製では、日清から出ている大豆のグラノラが気に入った。体に良いかどうかはまだわからないが、以前に比べると下痢はしなくなった感じがする。できることなら長寿で物作りを続けていきたいものである。
[PR]

  # by Snakestone | 2014-07-21 09:09 | Comments(0)

静岡での私の新作

a0027198_66378.jpg

今年の静岡での私の新作はこれ。
イタレリのソフビ製の54mmフィギュアである。
前から2体くらいは塗っていたのだが、いいかげん全部完成させたいと思い、ここ1ヶ月くらいの間(といってもほとんど土日のみだが)塗っていた。ベースはスタイロフォームにモデリングペーストを塗り固めた簡単なもの。これと盾の塗装のみが前日まで残っていた。金曜日の夜0:00頃に勤め先から帰宅し、そそくさとベースを塗装、盾の塗装を明け方の5時くらいまで行って、フィギュアにパーツを接着してベースに取り付け、丸井の手提げ紙袋に無造作に入れて外出した。というわけで、新幹線の中で仮眠を取らせてもらいました。
フィギュアはベースに突き刺しているだけの簡単なものです。
 昔エアフィックスのビニル製のフィギュアなどは塗料が食いつかなかったけど、最近の(イタレリしか試したことはないけど)この手の商品はビニールも少しハードでディティールもいいし、塗料も乗ります。
クレオスのMr.メタルプライマーをかければ完璧です。
会場で前の裸のフィギュアを見たお子様に「あ!はだかのおじいさんだ!」って言われちゃった。笑いましたね。
僕はいつも子供達の反応を見るのが楽しみのひとつです。
[PR]

  # by Snakestone | 2014-05-21 06:18 | イベント関連 | Comments(2)

今年もSHSに行きました。ハセガワの専務の姿勢に感動

去る17.18日に静岡ホビーショーのモデラー合同展示会に参加してきました。
今回のホビーショーほど、テーマ性を感じた事はありませんでした。
話題としては一度は見てみたかった自衛隊の10式戦車が展示されたことですが、それはあくまで表面的なことで、内核的な手堅いテーマを感じたのです。
それはどういう事かというと、商品を供給する企業側と、商品を消費するモデラーとがお互いに感謝しあい、この業界と趣味を盛り上げて行こうという事です。
 とても印象的だったのは、最後にショーが終わる間際に長谷川模型の専務さんが一つ一つのブースに「本日はありがとうございました」と回っていらっしゃったことです。私はこの姿勢に本当に感動しました。
 また模型クラブ「ろうがんず」を立ち上げた俳優の石坂浩二さんが人生を豊かにしてくれたホビーにたいする恩返しということでコンテストを行う発表もしていました。そのコンテストの参加条件のひとつにこの業界の振興の為にも是非新しくキットを購入して参加してくださいというものでした。ろうがんずの会員の規約の中にも年に10個はキットを購入することというものがあります。わたしは老眼ではないので、(きんがんずだったら入れそうですが)ろうがんずに入ることはできませんが、その趣旨を自分のものにすることくらいはできます。
 実は自分は今年でもうモデラー合同展示会に参加する事を辞めるつもりでいました。その理由はここでは今回控えますが、長谷川模型の専務さんの姿勢にひどく感動してしまい、もうしばらくお付き合いさせていただこうと思いました。そして今後少なくとも僕は、ハセガワ、タミヤなどの国産プラモを使用した展示を必ず入れることにしました。
 ある意味世界情勢を考えるに、業界の方々にも危機感がかなりあるのではないのかという背景も感じています。そんな時に僕らにできることは何だろうということを考えれば、やはり石坂さんが言っておられるようにプラモデルを買うことしかないんです。 
 昔ぼくの友人が「もしかしたらそのうちプラモデルなんて無くなっちゃうかもしれないんですよ。俺が明日男の買い物ってやつを見せてやりますよ」といってガンプラを30個ほどまとめて買っていた男がいました。今となってはやつの方が正しかったかななんて思います。でも一度に30個も買うのはとても皆さんにはおすすめできませんけれど(爆)
[PR]

  # by Snakestone | 2014-05-20 06:00 | イベント関連 | Comments(2)

行ってみたいけど・・・

a0027198_20125230.jpg

行ってみたいけど行けないのがネコカフェ。町田駅前のこのお店をいつも駅のホームから眺めている。いいなぁ。若い子達で賑わってるんだろうな。僕みたいなおっさんが一人で行ったら、多分受け入れてはくれるだろうけど、気付いたら自分の周りに誰も居なかったりして。でも、いろいろ制約があるような話も聞くな。最近知ったんだけど、女性にはあまり猫が好きだって言わないほうがいいみたいですね。大体面白くない顔をされます。何でかって言うと、女がそもそも猫みたいな生き物だから。「あたしと猫とドッチがいいのっ?」なんて言いそうな顔するんだ。決まってるだろ。ネコに決まってる。(爆)
[PR]

  # by Snakestone | 2014-05-06 20:11 | 私事 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE